ひとり暮らしの引越し体験談

2年ほど東京でひとり暮らしをしていたのですが、引越しをすることになり、京都に行くことになりました。引越しはたいした荷物もないので自分だけでしようと思ったのですが、新しいアパートには家具や家電がなにもついていないところだったので全部持っていくことにしました。それで費用の節約のためにレンタカーを借りての引越しになりました。友人がレンタカーの仕事をしていたので、そのつてで社員価格のかなりの割引で借りることができました。

当日は友人にそのレンタカーを持ってきてもらい、荷物を積んでいきます。ある程度ダンボールに梱包していたのでスムーズに荷物を整理できました。大物の冷蔵庫やテーブル、机などを先に積み込んで隙間にダンボールなどをはさんでいくようにして荷を安定させるように積んでいきます。
電話中です
途中休憩を入れたり、積み込み後に掃除などもしてだいたい2時間ですべて終えることができました。最後に出発前に1つやるべきことがあり、それはオートバイを売ることでした。事前に段取りして見積もりを取っていましたので持っていくだけです。7万円で現金で売却代を受け取り、京都に向けて出発になります。

途中渋滞していて、最終的に7時間ほどかかってしまい、それから積み下ろしですのでとても疲れましたが、二人の友人が一生懸命に働いてくれたので1時間で終えることができました。