セダンの車からミニバンに乗り換えました

既に、8年程度乗っていたトヨタのセダンタイプ(トヨタビスタ)ですが、子供たちも大きくなって、旅行などに出掛けるのにもやや狭苦しく感じていたところで、ミニバンタイプに乗り換えようと思案していたところです。

そして、トヨタの専門中古車センターで程度の良さそうなタウンエース・ノアを見つけました。 そこで係員に訳を話して仮予約と言う形で2、3日猶予期間をいただきました。
ただし現在の車は、下取り価格としては殆ど値が付かないていどでした。
そこで先般、現在乗って札幌の査定業者一覧いる車はどれほどの値が残っているか確かめようと思い、先ず、近くの某・車買取屋さん、つまり車を買ってくれるところへ車を持ちこんで相談に行きました。

そうすると、係員が出てきて〇〇万円相当になりますとあっさりと言う。 但し、これは仮の算定で、正式に申し込み、見積もりを出す場合は若干高くなるでしょうと言う。
次に、今度はネットサイトのを開いて色々と調べてみたら、車買取を一括して査定してくれる札幌の車買取専門会社というのがあり、これはネットワークを専門に事業を展開している大手の代理会社らしいです。

試しに、ネット上の表示されている書き込み項目にしたがって、今の車の状況を書込み、更に、個人情報である住所、氏名、それにメールを連絡してやると、数社から金額が提示されてきました。 すると面白いことに社によって数万円の差額がでていました。
結局、ネットサイトを利用して、予想外の高値で売却できたのは驚きでした。 その後、無事約束しておいたタウンエース・ノアを購入しました

転居前に部屋はピカピカに

大変な大掃除、それは引越しの時です。全部を家の外に出してから、ピカピカにするのはもちろんですが、前もって、少しずつ初めていくのが最終的に楽になるものです。要領よくするには、荷物をまとめるより先に、まず、掃除から手を付けることだと思います。沿うすることで、最後に簡単に掃除するだけですみます。
引越し時のちょっとしたコツとは、新居での間取りをしっかりと念頭において、荷つくりを行うということです。段ボールに荷物を詰め込む時に、これをどの部屋に収納していくのかを考えて、段ボールのどこかに書き記しておくと新居に到着してから余計な動きを省けます。そして、手続きをする必要のあるものは順に計画的にこなしていくと良いです。

引越しの際クーラーの取り外しが全くわからなかったです。お友達に尋ねると、自分でするなんて絶対に無理だと忠告されました。沿ういったことから、クーラー取り付け業者に連絡して、引越し先に持っていけるよう、取り外しを実施してもらったのです。すぐに取り外していて、流石だと脱帽いたしました。
未婚時での引っ越しは、家具や電化製品も大きいものがなく、業者に頼まずにする事ができていました。ところが、結婚してから引越しをすると、冷蔵庫や洗濯機などの家具や電化製品が大型になり、結構大掛かりとなるため、広島の引っ越し業者に頼みました。引っ越し業者に依頼すると、家電もちゃんと設置してくれるので、すごくラクにできました。

転居するときに、おぼえておかなければならない事が、色々な届け出などの手続きです。市町村役場へ提出する手続きだけでなく、電話、ネット、ガス、水道、電気等の住所変更も重要です。特にガスはたち合いが不可欠なので、早期に手続きをしてください。また、金融機関の通帳や運転免許証等の住所を変更する手続きもできる限り早く終わらせておいた方がいいです。

ひとり暮らしの引越し体験談

2年ほど東京でひとり暮らしをしていたのですが、引越しをすることになり、京都に行くことになりました。引越しはたいした荷物もないので自分だけでしようと思ったのですが、新しいアパートには家具や家電がなにもついていないところだったので全部持っていくことにしました。それで費用の節約のためにレンタカーを借りての引越しになりました。友人がレンタカーの仕事をしていたので、そのつてで社員価格のかなりの割引で借りることができました。

当日は友人にそのレンタカーを持ってきてもらい、荷物を積んでいきます。ある程度ダンボールに梱包していたのでスムーズに荷物を整理できました。大物の冷蔵庫やテーブル、机などを先に積み込んで隙間にダンボールなどをはさんでいくようにして荷を安定させるように積んでいきます。
電話中です
途中休憩を入れたり、積み込み後に掃除などもしてだいたい2時間ですべて終えることができました。最後に出発前に1つやるべきことがあり、それはオートバイを売ることでした。事前に段取りして見積もりを取っていましたので持っていくだけです。7万円で現金で売却代を受け取り、京都に向けて出発になります。

途中渋滞していて、最終的に7時間ほどかかってしまい、それから積み下ろしですのでとても疲れましたが、二人の友人が一生懸命に働いてくれたので1時間で終えることができました。

 

引越し業者はやっぱり利用するべき

私の知人が引越しをしたときのお話なのですが、知人は引越し業者にはお願いせず、自分で引越しを行って、とんでもない悲惨な引越しになってしまいました。
(以降、知人のことはAさんと記載します。)

まずAさんは、新居先に持っていく荷物の量が沢山あったので、トラックを知人に借りました。

そして、そのトラックの荷台にダンボールや家具を無事に積み込んで、引越し先へ向かっていたところ、トラックのタイヤが突然パンクしてしまい、そのまま車が横転してしまったそうです。
幸い、Aさんに怪我はなかったそうなのですが、トラックから脱出したAさんの目にはとんでもない光景が映ったそうです。
可哀想なことに・・・道路に、Aさんの家具やダンボールなどが散乱ししまっていたそうです。借りたトラックの荷台は、屋根がありませんでした。

Aさんが放心状態になっていたところ、その場にいた人や、通りがかりの皆さんがお手伝いしてくれて、散乱した荷物を集めたり、レッカーを呼んでくれたりして、なんとか助かったそうですが、ガラスや食器類は残念ながら、割れてしまって全滅だったそうです。
その後、Aさんはタイヤの車の修理代などを払うことにもなったので、お金をケチらずに、引越し業者に見積をお願いすれば良かったと心から思ったそうです。

引越しの悩みのタネ・・・梱包

引越しといえば、荷物の梱包作業がなかなか大変だ。計画を立てて少しずつ整理する人、直前になってぎりぎりで間に合わせる人、かなり性格が出るのではないだろうか。また、自分で梱包しないで神戸引越し業者にすべてお任せする、という選択肢もある。これはふたつの点で悩む。予算と、自分の持ち物を扱われるのに支障があるかどうか、ということ。当然のことながら、梱包から運搬までを業者に丸投げするプランは高くつく。そして、荷物を梱包する作業を任せる、ということはどんな本やCD、DVD、服、靴などを持っているかをしっかり観察される、という事実が伴う。もちろん下着や貴重な皿などのたぐいは自分で箱詰めしておけばいいだろうが、どこまでやっておくかの線引きが難しい。
荷造り中段ボール箱や緩衝材(プチプチなど)を用意するかどうかも人によって違う。業者に見積もりをしてもらう時に、そういった資材を一括でお願いする人。あるいは、近くのスーパーやホームセンターから段ボール箱を集めてやりくりする人。繁忙期でなければサービスしてくれる引越し会社も存在する、と聞いたことがある。中には引越しが完了してから一週間以内なら、空になった段ボール箱を回収してくれるところもあるらしい。
なんにせよ、入学や入社、転勤や転職などで引越しが決まったなら、よく調べて計画を立てて進めていくのが後悔しないやり方だろう。

有り得ないほどの引越しの数

引越しの達人とまではいかないけれど、荷物のまとめ方、安く上げる方法など、一人暮らしの引越しはお任せください。

今回は、車でいける圏内の引越しやり方を説明します。
まず荷物をまとめるときは、ひとつの部屋の小物からダンボールにしまっていきます。
一部屋ずつがネックです。いっぱいになったらマジックでどの部屋の何が入っているのかをカンタンに書きます。

次は中物
これは手で持っているける物(扇風機、ギター、レンジなど)
自家用車(わが家は軽ワゴン)にこれらを重いもの、四角いものからきっちりと入れていきます。そしてそれを運びます。
距離にもよりますが、大体のものが片付きます。
何日かに分けるのがベストです。

最後に大物
これは近所の安い引越し屋さんに頼んではこんでもらいます。
自分の場合は、2トントラックで、5000円でした。そして掃除機とバケツ、雑巾だけ置いて新居に向かいます。
空になった旧居をお掃除、不動産屋さんに明け渡す。
という感じです。
自分は仕事をしながらだったので一週間くらいのんびりとやりましたが、
余裕を持ってやることをおススメします。

娘の初めてする我慢

赤ちゃんが我慢する事と言ったらやっぱり断乳だと思うの。
注射とか病院関係は別として。
私の娘は長女が1歳4ヶ月ピッタリに断乳したの。

余り食事をとらないのに虫歯が出来ちゃったから仕方なく断乳。
本当なら自然と卒乳させたかったんだけどね。
そして次女が1歳3ヶ月なので、断乳の真っ最中です。

次女は食事もきちんととってるし、私の母乳の出も悪くなってきてるから噛まれるの。
長女と同じだけ母乳育児したいと思っていたけど、さすがに傷だらけになるから厳しくて。
朝は泣かずに起きてきて、お水を飲みながらオニギリをパクパク。

お昼まで少しグズったけどお散歩に行って公園で遊んでたら忘れたみたい。
帰ってきてリンゴジュースを飲んでお昼ご飯。
やっぱり眠くなってグズグズになったけど、シャボン玉で気を逸らしてたら吹きすぎて私が酸欠で泣きたくなったわ。

一応機嫌良くはなったけど、夕方や寝しなも愚図るんだろうな。
泣かれるとやっぱり母親も辛いけど、必ず通る道だから頑張れ娘。

引越しの準備は早めに

引越しは想像していたよりも大変なので、これから引越しする人、引越ししようと考えている方へ
知っておいて損はしないことを教えちゃいます。
まずは、部屋探しする時に忘れがちなポイントです。

引越しする部屋を探すときは、間取りも重要ですがキッチンやシャワー、トイレなどの水の出も確認した方がいいです。
入居してから水の出が悪いと困ります。
電気コードの差し込み口の数なども確認しておくといいです。
電化製品は多いので後々、差し込み口が少なくて困る場合もあります。

キッチンやクローゼットの収納場所も多い方が便利です。
荷物は意外と多いので、収納スペースが多い方が
部屋の中もスッキリします。

スーパーやコンビニ、病院など近くの物件を探すのもおススメです。

そして、引越しの手続きです。
電気、ガス、水道は必ず事前に連絡をしておいた方がいいです。
転居届や変更、銀行や郵便物の住所変更なども早めに済ませた方がいいです。
役所や銀行は平日しかやっていないのでなるべく早めに準備しましょう。

最後にアパートを退去する時です。
キレイに掃除をしておくと管理人さんにも印象がいいです。
また、部屋の鍵は入居した時あずけた鍵の数を確認する場合が多いので、なくさずに管理しておきましょう。
以上、引越し体験からのアドバイスです。
是非参考にして見て下さい。

近所に新しく何の建物が建つのか友達とあてっこしてます

我が家の近所の空き地が最近になってようやく草むらだったのが何かしらの建物を建築中です。
それが、土台を見た感じ本当に何が出来上がるのか想像が全くできず友達と完成図を賭けてます。
といっても表に建築予定の建物名とかメーカーとかが書いてないし、まだ予測すらまともにできない段階です。
Read the rest of this entry »

強風の日の引越し

私は以前に、とても強風だった日に新潟に引越しをしたことがありました。そのときは3月の後半で、ちょうど春一番が吹き荒れているような時期でした。
しかし、そんないつくるかわからない強風のために引越しの日取りをずらすわけにもいかず、そのまま予定日に引越しをすることになりました。私は、何とかあまり風が強くならないように引越しの前日は祈っていたのですが、私の願いもむなしくその日は春風がとても強い1日でした。
私は、引越し業者に依頼して引越しを試みたのですが、引越し業者の人が風の影響を受けてとても運びにくそうにしていたのがとても印象的でした。
私は、そのとき3階のアパートから引越しをしたのですが、3階から階段で降りるときには、特に慎重に荷物を取り扱ってくれていました。しかし、それでもバランスを崩してしまうくらい風が強かったので、私としてはとてもヒヤヒヤしながらその引越しを見守っていました。
また、引越しの荷物の中で、軽いものが入っている荷物に関しては、風で飛ばされてしまわないようにしっかりと見張っていなければなりませんでした。
天気のことなのでこれはどうすることもできないのですが、これからもしも引越しをするならば、なるべく強風にだけはならないで欲しいと私は願っています。